総量規制とは?

総量規制とは

総量規制とは?

総量規制とは、借金の額が年収の3分の1まで制限されることです。
2010年6月の貸金業法改正時に、開始されました。
総量規制には対象になる債務とそうでないものがあります。
例えば、クレジットカードのショッピング枠を使った買い物は、総量規制の対象外になります。
しかし、クレジットカードでキャッシングをすると、総量規制の対象になります。
また、銀行のカードローン、住宅・マイカーローン、事業用資金として借り入れた場合も、総量規制の対象外になります。
もし、総量規制を超えて賃金業者が貸し付けを行った場合、行政処分を受けることになります。
ですから賃金業者も融資には慎重になり、以前と比べて借金をすることが難しくなりました。
50万円を超える融資を受けるときには、年収を証明できる書類を提出しなくてはいけません。
また、数か所に借金がある場合はその金額を合計した額が総量規制の対象なので、今まで多重債務で自転車操業をしていた人は、新たな借入ができなくなりました。
融資申し込みをするときに、金額をごまかしたりすることもあるかと思いますが、信用情報機関に紹介すれば一発で知られてしまいます。
以前は業者間で共有する情報は支払い遅延や多重債務ぐらいでしたが、総量規制の開始後は、借入総額まで分かるようになっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ