ブラックリストとは?

ブラックリストとは

ブラックリストとは?

厳密にいうと、ブラックリストというリストはありません。
融資の申込をしたり、支払ったり、クレジットカードで買い物をしたりした履歴は、信用情報機関というところに登録されます。
信用情報機関には、金融業者とのお金の貸し借りの情報が登録されます。
自己破産、個人再生といった債務整理をすると、債務整理をしたことが信用情報機関に登録され、そのことが元で新たな借金ができなくなります。
このことを「ブラックリストに載る」と表現しているのです。
借金に関してネガティブな情報が登録されることがブラックリストに載る状態ですが、債務整理をした記録も、永遠に残るわけではありません。
通常、5年から7年もすれば、債務整理情報は削除されます。
また、ついうっかりブラックリストに載ってしまうこともあります。
例えば、クレジットカードや融資の申込みをすることです。
契約をしていないので何も載らないと思って、融資を断られれば次から次へと申込む人もいますが、融資申し込みの時点で信用情報機関に登録されます。
その期間はおよそ6か月と言われています。
短期間に融資申し込みを集中して行う人はかなり財政状況が厳しいと判断され、他の業者からも融資してもらえない可能性が高いです。
この状況を申込みブラックと呼ぶこともあります。
2・3ヶ所短期間で申込んで断られたら、申込みブラックになっている可能性もあるので、次の融資申し込みまでは、半年以上期間を開けたほうが良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ