グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは?

借金に関する法律には、出資法、利息制限法があって、それぞれ定めた金利の上限が異なっていました。
グレーゾーン金利とは、利息制限法で定めた金利の上限と出資法で定めた金利の間の金利のことです。
利息制限法では、10万円以上100万円未満の借入の金利は18%と決めているのに、出資法では29.2%です。
利息制限法を違反したところで刑事処罰が無いことから、18%を超え、29.2%というぎりぎりの金利で貸し付けを行っていた消費者金融が多かったものです。
ところが、2010年6月に賃金業法、出資法が改正され、グレーゾーン金利は撤廃されました。
それに応じて消費者金融業者も、18%以下の金利で融資しています。
しかし、出資法改正前から取引をしている場合、グレーゾーン金利で支払っていた期間がある可能性が高いです。
その場合は、利息を払い過ぎていることになります。
過去にグレーゾーン金利で支払っていた利息を引き直し計算して、払い過ぎたお金を取り戻すことが過払い金返還請求です。
過払い金請求は、完済してから10年間は手続きすることができます。
もし過去にグレーゾーン金利で支払っていた借金があったら、過払い金返還請求でお金が戻ってくる可能性があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ