家を残して、債務整理できますか?

家を残して、債務整理

家を残して、債務整理できますか?

マイホームを処分せずとも、債務整理することは可能です。
財産を処分せずに済む債務整理は、自己破産以外の方法で、個人再生をするか、任意整理、特定調停をすることになるでしょう。
もし住宅ローンが残っている場合でも債務整理は可能ですが、借金減額の対象に住宅ローンは含まれないことを理解しましょう。
まず、個人再生の場合ですが、住宅ローン以外の債務が5000万円以下であることが条件です。
3年間ならどれだけ返していけるかという再生計画を立てて、この計画が認められたら個人再生ができます。
住宅ローンが残っている家を残すためには、住宅ローン特別条項を利用します。
個人再生で減額した債務を支払っている期間は、住宅ローンの支払いを待ってもらえるのです。
但し、利息や元本がカットされるのではなく、支払いがそれだけ先延ばしになるということを理解しましょう。
任意整理の場合は、住宅ローンが合っても特に影響しません。
住宅ローンは金利も低いので引き直し計算もできませんし、ローンが残っていない家を処分する必要もまったくないからです。
ただし、個人再生であっても任意整理であっても、住宅ローンが残っている場合は、その支払いの計画をしっかり立てなくてはいけません。


ホーム RSS購読 サイトマップ