夫にばれずに債務整理をしたい

夫にばれずに債務整理をしたい

夫にばれずに債務整理をしたい

主婦が夫に借金を内緒にしているなら、債務整理も夫に内緒ですることができます。
夫に内緒で借金をしている主婦は多いものです。
独身時代に作った借金だったり、ご主人に内緒で作った借金だったり、家計を握っている立場から、つい内緒でお金の貸し借りをすることは良くあることです。
しかし、支払いがきつくなった借金をそのままにしていても、いずれは家族にばれることになります。
支払いが滞れば、当然債権者から取立てが来るからです。
そんなことになるよりは、早めに債務整理をしたほうがばれずに済むでしょう。
まず債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、債権者からの取立てはストップしますし、債権者と債務者が連絡を取り合うことは、今後無くなります。
弁護士や司法書士からの連絡の時間帯も指定して、事務所から送られてくる書類も全て無記名にしてもらいます。
主婦の場合、郵便物は自分で受け取ることが多いので、ご主人の目に触れないようにすることでばれる可能性も低くなります。
しかし、封書に無記名にするだけでは心配という人には、郵便局留めにする方法もあるので安心です。
ただし、自己破産や個人再生の場合、裁判所の介入もありますし、官報にも名前が載るので、ばれる可能性は高くなることを覚悟して下さい。
法律事務所側は依頼者の気持ちを尊重するので、ご主人が官報を調べない限り、自己破産でも内緒にすることもできます。


ホーム RSS購読 サイトマップ