債務整理をするとブラックリストにのりますか?

債務整理とブラックリスト

債務整理をするとブラックリストにのりますか?

「ブラックリストに載る」ということは、信用情報機関に事故情報が登録されることです。
債務情報をすると、その事実が信用情報機関に登録されることになり、いわゆるブラックリストに載った状態になります。
信用情報機関には、その人がどこからどのように借金をして返済をしたかという情報を管理されています。
ですから、債務整理だけではなく、住宅ローンを組んで支払い続けていること、消費者金融から借金をして返済したり、返済が滞ったりしたこともすべて登録されています。
当然のように債務整理をした事実も信用情報機関に登録されますが、それがネガティブな情報だから、ブラックリストに載るという表現をするのです。
信用情報機関に債務整理をしたことが載ると、新たな借金ができなくなります。
融資を申込むと金融会社は、信用情報機関に申込者の情報を照会します。
そのときに債務整理をしたことが分かると、融資は断られてしまいます。
なぜなら、また支払い不能になるかもしれないと金融会社は判断するからです。
それでは一生ローンも組めなくなるし、車も家も買えなくなると心配する人もいるかと思いますが、信用情報機関に登録されるのは5年から7年ぐらいです。
ですから、その期間が過ぎれば、債務整理をした情報も消えるのです。
登録される期間は信用情報機関によっても異なりますし、債務整理の種類によっても異なります。


ホーム RSS購読 サイトマップ