住宅ローンがあった場合、債務整理できますか?

債務整理と住宅ローン

住宅ローンがあった場合、債務整理できますか?

住宅ローンがあった場合でも、債務整理をすることはもちろん可能です。
マイホームを処分したくないなら、自己破産以外の債務整理をしなくてはいけません。
その場合、住宅ローンは債務整理の対象外になります。
まず、個人再生という方法です。
個人再生では、債務者が3年間で支払える金額まで借金を減額する方法です。
3年間約束通り支払えば残った債務はカットしてもらえます。
しかし、利用するには条件があり、住宅ローンを除く借金が5000万円以下、3年から5年でちゃんと支払い続ける安定した収入があることが必要です。
住宅ローンは金利カットの対象になりませんが。住宅ローン特則というものがあり、住宅ローン以外の債務を返済し終えるまで、住宅ローンの支払いをストップできます。
つまり、減額した債務を5年間で払い終えてから、住宅ローンの支払いが再開するのです。
住宅ローンはカットされるのではなく、先延ばしになるということです。
また、特定調停や任意整理という方法も、財産を処分する必要はありません。
しかし、利息のカット、利息制限法に基づいた引き直し計算をして減額した債務は、3年間で支払って完済させなくてはいけません。
住宅ローンを支払いながら、利息カットした債務を3年間で全部支払っていけるかどうかが大事です。
もし、利息カットした債務も支払っていくことができなければ、個人再生、もしくは自己破産しかありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ