過払い金請求ができないケースは何ですか?

過払い金請求ができないケース

過払い金請求ができないケースは何ですか?

過払い金請求は、残債がある状態でもできますし、一度完済した契約も過去に遡って引き直し計算し、過払い金の返還請求をすることができます。
しかし、残念ながら過払い金請求できないケースもあるのです。
まず、完済後の過払い金請求ですが、完済してから10年以内に請求しないと、権利が消えてしまいます。
この10年という期間が長いか短いかは人それぞれでしょうが、とにかく完済後に過払い金請求したいなら、10年以内にするようにしましょう。
また、10年たっぷりあるからとのんびりしていては、取り戻せなくなる可能性もあります。
過払い金の請求が多くなり、倒産してしまう消費者金融会社もでてきました。
自分が借りた会社が倒産したとなると、当然取り戻すのは難しくなってきます。
倒産していなくても経営状態が怪しければ、過払い金が全額戻ってくるとは限りません。
取り戻せなくなるよりはマシということで、低めの金額で泣く泣く和解せざるを得なくなります。
ですから、なるべく早く過払い請求はするべきなのです。
完済するのを待っていたのでは遅すぎる!と判断すれば、残債があるうちで踏み切ってもいいでしょう。
また、過払い金請求が難しくなるケースとして、債権者がヤミ金の場合があります。
ヤミ金の場合は所在を掴む所からして困難ですし、取引履歴もすんなり開示されるとは限りません。
ヤミ金から過払い金を取り戻すことも、かなり困難だということを覚悟しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ