過払い金返還請求をするとブラックリストに登録されるの?

過払い金とブラックリスト

過払い金返還請求をするとブラックリストに登録されるの?

信用情報機関に登録されることを、いわゆるブラックリストに載るといいますが、自己破産や個人再生、任意整理などは事故情報として信用情報機関に登録され、ブラックリストに載ることになります。
しかし、債務者からすると過払い金はそもそも払い過ぎた自分のお金を取り戻しているだけなので、ブラックリストに載るのは腑に落ちないでしょう。
過払い金請求は事故情報ではないものの、契約見直しを表す「コード71」という番号が信用情報機関に載ります。
この番号を金融業者はマイナスと捉えて新規の融資を渋るため、結果的にはブラックリストに載ったのと同じことになります。
しかし、金融庁の通達で、契約見直しの情報は載らなくなりましたし、過去の情報についてもは削除されることになり、安心して過払い金の返還請求ができるようになりました。
また、これまでは残債があるうちに手続きをすると、債務整理の手続きを行った情報が信用情報機関に載り、例え契約見直しの情報が登録されなかっとしても、今後の借入に影響してくるようになると言われていましたが、今後は残債が有る状態の債務整理でも、結果的に過払い金が発生して債務が無くなれば、信用情報機関に載らなくなりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ