引き直し計算とは何ですか?

引き直し計算とは

引き直し計算とは何ですか?

引き直し計算とは、過去に払った分を、利息制限法に基づく金利で計算し直して、払い過ぎた分と元本に充当させる計算のことです。
特にグレーゾーン金利が撤廃される前に借入をした場合には、引き直し計算をすることで過払い金が発生する可能性が高いです。
利息制限法では借入金額が10万未満なら20%、10万以上100未満なら18%、それ以上になる15%と制限されています。
それがグレーゾーン撤廃前の出資法だと、上限が29.2%ととんでもなく高いものでした。
利息制限法と出資法の金利の差が、グレーゾーン金利なのですが、利息制限法を違反しても刑事罰は処されないので、消費者金融などはこのグレーゾーンの間で貸し付けを行っていました。
しかし、今ではグレーゾーン金利は撤廃されていますし、過去の契約で20%以上という金利になっていても、過去にさかのぼって利息制限法の金利で計算し直すことができるのです。
もし利息制限法の正しい金利で払い続けていたら、今頃とっくに借金は無くなっていたはずというケースもとても多いのです。
契約期間が長ければ長いほど、引き直し計算をして発生する過払い金の額は大きいでしょうし、借金が無くなるどころか、戻ってくるお金がある場合もあります。
過去に契約した内容だからと諦めず、まずは引き直し計算をすることが大切です。
しかし、引き直し計算を正しく行うには、いくら借りていくら払ったという過去の取引履歴を詳細に知る必要があるので、債権者へ取引履歴開示を求めなくてはいけません。
素人がかけあってもあしらわれることもあり、弁護士などに依頼したほうが無難です。


ホーム RSS購読 サイトマップ