過払い金とは何ですか、どのような人が対象になりますか?

過払い金とは

過払い金とは何ですか、どのような人が対象になりますか?

過払い金とは、そのまま債権者へ払い過ぎたお金のことです。
消費者金融や信販会社などの金利は高く、借金が増えるとそれだけ支払いも苦しくなります。
高い金利で長いこと返済をし続けていると、そのうち払い過ぎた利息が生じます。
これが過払い金というものです。
過払い金が発生する仕組みには、利息制限法が大きくかかわってきます。
利息制限法では10万未満の借入だと金利は20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上なら15%と制限されています。
ところが以前は出資法で制限された金利は29.2%だったため、利息制限法と出資法のグレーゾーン金利というものが発生しました。
利息制限法を違反しても刑事罰はなかったのですが、出資法では刑事罰が処されました。
だから消費者金融などは出資法で定められた29.2%というぎりぎりの金利で貸し付けることが多かったのです。
しかし、利息制限法を超えた金利で利息を払い続けていては、払い過ぎていることになります。
この払い過ぎたお金が、いわゆる過払い金なのです。
今ではグレーゾン金利も撤廃されていますが、消費者金融と付き合いが長い人は過払い金が発生している可能性が高いでしょう。
18%を超える金利で借入をしていたり、5年以上もずっとほぼ利息をだけを支払い続けていたりする場合は、過払い金が発生している可能性が大きいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ