特定調停のメリット、デメリットは何ですか

特定調停のメリット、デメリット

特定調停のメリット、デメリットは何ですか

特定調停は車や家といった財産を処分することなく、債務を整理することができるメリットがあります。
また、自己破産は弁護士や税理士など、一定の職業に関して制限がありますが、特定調停にはありません。
免責不許可事由がないので、例え支払い困難になった事由がなんであっても、問われることはありません。
そして何よりも、手続きをしている間は取り立てや請求が無いのも、心理的な負担が軽減され楽になります。
裁判所の介入がある点も、債務者にとっては心強い支えになるでしょう。
しかし、どんなケースでもメリットばかりとは限りません。
官報に載らなくても信用情報機関に載り、5年から7年は新たな借入ができないことは、任意整理と同じです。
それに裁判所の介入があるということは、支払い計画を立てるときに収入・支出のバランスなどを細かく調べられ、手続きも面倒になります。
決定した計画は強い執行力があるので、もし支払いが滞ったりすると給与差し押さえなどにもなりかねません。
そして、一番のデメリットは、過払い金が発生するケースでも、調停と過払い請求を同時にすることができないことです。
過払い金が発生するときは、任意整理のほうが良いでしょう。
自分のケースと照らし合わせて、特定調停をした方が得なのかしっかり考える必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ