特定調停とは何ですか、どのような人が対象になりますか?

特定調停とは

特定調停とは何ですか、どのような人が対象になりますか?

特定調停とは、簡易裁判所の介入がある債務整理のことです。
債権者との交渉で、毎月の支払額や総額を減額したり、利息のカットを行います。
毎月の支払額や高い利息が生活を圧迫し、このままいけば確実に支払い不能になるということが分かるなら、特定調停を申し立てることができます。
任意整理の場合は、弁護士・司法書士もしくは債務者本人が直接債権者と交渉し、利息のカットなど債務整理をしていく方法なので、裁判所の介入はありません。
特定調停の場合は、債権者と債務者の間に裁判所が入り、債務整理案を作っていきます。
特定調停に向いているのは、債務整理後に残った債務を払い続けられるように安定した収入がある人で、3年以内では完済できる見込みのある人です。
特定調停で決定した支払い計画は債権者との約束だけではなく、裁判所との約束にもなるので、大きな効力があります。
今後の支払い計画を立てていかなくてはいけないので、無職・無収入では特定調停は厳しいでしょう。
そのため、手続きには直近3ヶ月分の給与明細などが必要になります。
現時点で、将来も返す見通しが全くつかないという場合は、自己破産などの方法になります。
また、債権者との話合いがこじれてちゃんと行えない可能性がある場合にも、特定調停は向いています。


ホーム RSS購読 サイトマップ