個人再生の流れと対応期間

個人再生の流れと対応期間

個人再生の流れと対応期間

個人再生の手続きは、まず弁護士や司法書士に依頼することから始めます。
弁護士や司法書士に個人再生を依頼すると、債権者の元へ受任通知書が送られます。
この時点で、借金の取立てはストップします。
受任通知書を受け取った債権者は、これまでの借入の取引履歴などをすべて開示しなくてはいけません。
依頼された弁護士や司法書士は、裁判所で提出するための書類を作成し、個人再生の申立を行います。
裁判所に提出された書類に不備が無ければ、ようやく手続きの開始が決定します。
それから約3週間前後で裁判所に出頭し、今後の再生計画案を提出します。
小規模個人再生手続きと給与所得者再生手続きでは若干異なり、給与所得者再生手続きの場合だと書類決議は無く、面談のみになります。
債務者側が考えた再生計画を裁判所が認めれば、個人再生は確定し支払いがスタートします。
申立をしてから個人再生が確定するまで半年もかかることがあり、取引履歴の開示などにてこずるともっと時間がかかることもあります。
自己破産のように免責不許可になるということはありませんが、再生計画案があまりにも支払い不可能と思われるような無理なものであれば、認可されない可能性もあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ