自己破産とは何ですか、どのような人が対象になりますか?

自己破産とは

自己破産とは何ですか、どのような人が対象になりますか?

自己破産とは債務整理の一種で、借金を払えなくなった債務者の申立により、借金を無くしてしまうことができる制度です。
借金が全て無くなってしまうので、多額の借金で首が回らなくなってしまった債務者でも、もう一度新しい人生を始めることができるのです。
どんな人でも借金をチャラにできるわけではありません。
目安は債務が月収手取りの20倍以上、もしくは年収の1.5倍以上、収入から生活費を除いた金額を全て返済にあてても、3年以内で返せる目途がつかなければ、自己破産を考えていいかもしれません。
自己破産の申立は、債務者の居住地の管轄の地方裁判所へ行います。
弁護士に依頼するのが一般的でしょう。
その申立に応じて、裁判所が「返済能力が無い」と認めれば、自己破産することができます。
これは「破産手続開始決定」といい、その後の「免責許可の決定」が確定しないと、借金はなくなりません。
また、自己破産するには、裁判所が返済能力が無いと認めてくれないといけないので、お金に変えられそうな物は没収されてしまうことになります。
例えば高価な車、家などです。
換金すれば借金返済に充てることができるので、債務者の財産は没収され、換金されれば債権者へ分配されることになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ