任意整理の流れと対応期間

任意整理の流れと対応期間

任意整理の流れと対応期間

任意整理は専門家に依頼するか自分でするかのどちらかになりますが、ここでは弁護士や司法書士に依頼するときの流れを簡単に説明します。
任意整理をしようと思ったら、すぐ弁護士へ相談するのではなく、その前に準備して欲しいことがあります。
それは自分にどれくらい債務が残っているかを計算しておくことです。
現在の債務額や金利、契約日、月々の支払額等を前もってメモにまとめておくと、相談もスムーズにいきます。
依頼後に債権者に問い合わせて正式な債務状況を調べることになりますが、前もって自分でも調べておくことが大切です。
そのメモを持って弁護士や司法書士の事務所にいき、相談します。
そこで前もってまとめてあった債務状況をみてもらって、「これなら任意整理で債務を減らすことができる」とアドバイスをもらえば、依頼をします。
その後、弁護士・司法書士は消費者金融業者へ受任通知を送るので、そこで取り立て・返済は止まることになります。
受任通知を送ったら、今度は債務者の債務状況を調べます。
債権者から取引履歴を開示してもらい、その履歴から利息の引き直し計算を行います。
そして債権者と弁護士・司法書士が交渉し、過払い金があればここで請求します。
交渉して和解案がまとまれば、あとは和解書を作成します。
債務が残っていれば返済していかなくてはいけませんし、過払い金があれば変換してもらい終了になります。
取引履歴を開示することを渋る業者もいたり、和解案がなかなかまとまらなかったりすることもありますが、3ヶ月から6カ月ぐらいで終了するのが一般的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ