任意整理のメリット、デメリットは何ですか

任意整理のメリット、デメリット

任意整理のメリット、デメリットは何ですか

任意整理のメリットは、以下の通りです。
<債権者からの取り立て、返済がストップ>
弁護士に任意整理を依頼すると、受任通知が債権者へ通知されます。
その時点で、債権者は取り立てすることができません。
弁護士の介入があれば、債権者の取り立ては法的に禁止されています。
それに和解案が決定するまで、返済もストップします。
<手続きが簡単>
裁判所の介入もありませんし、弁護士が間に入って交渉してくれれば任意整理をしたことは周りにもばれません。
債務者は自分で動くことはほとんどなく、手続きはすべて弁護士がしてくれます。
<借金の減額も可能>
利息はカットされ、払い過ぎた分は元本に充当することができ、債務を減らすことができます。
また、場合によっては、債務以上の過払い金が発生することもあります。
また、メリットもあればもちろんデメリットもあります。
もし債権者との交渉が決裂することもありますし、その場合は調停に持ちこさないといけません。
また、利息制限法に基づいて利息の引き直し計算したとしても、元本がゼロになるわけではないので、3年以内にちゃんと払えるかどうかしっかり計画を立てないといけないでしょう。
そして、最大のデメリットといえば、信用情報機関に任意整理をしたことが登録されることです。

これによって、新しいローンがしばらく組めなくなります。
すべてがメリットばかりではないということをしっかりと理解した上で、任意整理を始めることが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ