任意整理とは何ですか、どのような人が対象になりますか?

任意整理とは

任意整理とは何ですか、どのような人が対象になりますか?

任意整理とは、債務整理の手続きの一つで、債権者と交渉して利息や月々の支払額を減免してもらう方法です。
債権者と直接交渉するので、裁判所の介入はありません。
個人でも手続きをすることは可能ですが、消費者金融などのプロと交渉するにはかなり困難を強いられるので、専門家に依頼したほうが無難でしょう。
任意整理の対象となる人は、消費者金融、信販系のカードローンなど金利の高い債務を抱えている人です。
高金利の借金は利息制限法に基づいて利息を引き直し計算するので、過去に高金利で払い続けていた場合は、払い過ぎが判明することもあります。
その場合、払い過ぎた分を元本に充当して、金利も0%にしてもらえるように交渉します。
利息をゼロにして、払い過ぎたお金を元本に充当して残った債務は、3年以内で返済しなくてはいけません。
もし経済状況が苦し過ぎて、利息カットをしても3年以内の返済の見通しがつかなければ、自己破産のほうが良いでしょう。
人によっては、任意整理することによって払い過ぎたお金が戻ってくることもあります。
過払い金というものですが、もし高金利の借金を5年も10年も払い続けているなら、迷わず任意整理の手続きをしたほうが良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ