債務整理の種類

債務整理の種類

債務整理の種類

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停の4種類があります。
任意整理は、裁判所に行かなくてもできる債務整理の方法です。
消費者金融業者などの債権者と債務者が交渉をして、債務者の収入に応じて利息や毎月の支払額を減額してもらいます。
しかし、消費者金融業者の中には交渉に応じなかったり、素人の債務者では手に負えなかったりします。
その場合には弁護士や司法書士に依頼するほうが安心です。
任意整理は3年以内で返済することを約束しなくてはいけませんが、利息や毎月の支払額を減免してもらっても3年以内の返済見込みがなければ、自己破産をすることになります。
自己破産が認められれば、全ての借金が無くなり、返済義務が無くなります。
しかし自己破産するには、財産の処分をしなくてはいけないので、必ずしも皆に向いている方法ではありません。
また、個人再生は自己破産や任意整理に比べたら馴染みの無い方法ですが、3年間の再生計画を立ててその計画通りに返済することができれば、3年後に残った借金が無くなる手続きです。
特定調停は、簡易裁判所を利用する債務整理の手続きです。
任意整理と同じく利息制限法で利息を引き直しし、債務を3年以内で返済していこうという手続きですが、裁判所の介入があるのが大きな違いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ